top of page

一人暮らしするより安い?シェアハウスのメリット・デメリット

今、若い人たちを中心に、シェアハウスが流行しています。シェアハウスとは、個室と共用スペースを持つ賃貸住宅のことで、 一軒家タイプやマンションタイプなど、様々な種類があります。

今回は、シェアハウスに暮らす上でのメリットとデメリットをまとめました!




シェアハウスに暮らすメリット

シェアハウスには、コスト削減や利便性など様々なメリットがあります。


家賃や初期費用が安い

複数人で同じ物件をシェアするので、相場よりも安い家賃で住むことができます。

敷金、礼金、仲介手数料などの初期費用がかからないことが多く、短期間でも入居できることがあります。一人暮らしに挑戦したい方にもおすすめです。



家具家電が揃っている

ソファーや洗濯機、冷蔵庫など、必要な家具家電は備え付けになっているので、自分で用意する手間がありません。転居の際に運ぶ荷物が少ないので、引っ越しの費用も抑えられます。



設備が充実している

一人暮らしでは手が届かないような、広々としたキッチンやリビングが利用できます。

ペット可や、カフェ付き、シアタールーム付きなど、魅力的な設備があるシェアハウスもあります。

共用スペースの清掃は業者が行ってくれることも多く、家事の負担も軽減されます。



入居者同士で交流ができる

交流型のシェアハウスでは、共有スペースで入居者同士の交流を楽しむことができます。

定期的にイベントやパーティーなども開催されるので、年齢や職業に関係なく人脈を広げることができます。



安心感がある

共有スペースに人がいるので、一人暮らしの不安や寂しさを感じにくくなります。

管理人の方が一緒に暮らしていたり、防犯カメラなどのセキュリティ対策がしっかり取られている物件も多く、女性でも安心して暮らすことができます。



シェアハウスに暮らすデメリット

シェアハウスには、他の人と一緒に暮らすことで生じるデメリットもあります。


騒音に悩まされることがある

防音が十分ではない物件では、他の人の生活音や話し声が気になることがあります。

一方で、自分の生活音や声が周りに聞こえてしまう可能性もあります。



共有スペースを利用する際に気を遣う

共有スペースは他の人も利用するため、ルールやマナーを守らなくてはなりません。

他の人が利用している間は順番を待ったり、物の紛失や盗難などにも注意したりする必要があります。



人間関係のトラブルが起こりやすい

他の入居者と顔を合わせる機会が多いので、苦手な人がいると居心地が悪くなることもあります。

シェアハウス内のルールが確立していないところでは、共有スペースの利用方法について意見が合わないと、トラブルに発展することもあります。


まとめ

シェアハウスは複数人で生活することになるので、神経質な人や、一人で静かに暮らしたいという方には向いていないかもしれません。しかしコスト削減や交友関係の広がりなど、魅力的なメリットもたくさんあります。住居形態の一つとして、これからもどんどん利用が広がりそうですね!



シェアハウスへのお引っ越しなら、「ハコブ運ばない便」がお勧め!

ハコブ運ばない便は「プロドライバー付き」の車両レンタルサービスです。

荷物の搬入搬出をお客様にお手伝い頂くことで、引っ越しにかかる費用を大幅に削減することができます。


◆お客様はトラックに荷物を乗せる&下ろすだけ!

運転は弊社のプロドライバーにお任せ。

レンタカーを利用した際に生じる、車両返却や給油などの面倒な手続きも一切不要です。


◆お電話一本でらくらく予約が可能!

簡単にご予約いただけます。お見積りも無料です。


◆レンタルは時間制で明快!

時間内なら往復して荷物を運搬することも可能です!


お荷物の数が少ないシェアハウスへの引っ越しには、是非「ハコブ運ばない便」をご利用ください!


↓詳細・お問い合わせはこちらをクリック!









シェアハウス総合ポータルサイト「SHARE PARADE」様とコラボ中!

SHARE PARADE 様経由で「ハコブ運ばない便」をご利用いただいたお客様には、特別割引価格が適用となります︕

詳しくはこちら

閲覧数:42回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.

最新記事