top of page

一番早く荷物を送りたい!どんな方法がある?

こんにちは、東京の運送会社、ハコブ株式会社です!


通常、お荷物や郵便物を送ると、届くまでに数日かかってしまいます。

しかし当然、「早めに届けてほしい!」「どうしても急ぎで荷物を届けなければならない…」といった場面もあると思います。

急ぎで郵便物や荷物を送る場合、どんな方法があるのでしょうか?調べてみました!



郵便を最短で送る

普通郵便は、翌日や翌々日に配達されることもありますが、ポストに投函したタイミングや届ける地域などによって、遅れて到着することもあります。

さらに休日は配達を休止しているので、お休みを挟んでしまうと届くのがさらに遅くなってしまう可能性があります。


そのため郵便局では、急ぎで郵便物を送りたい方向けのサービスがいくつか用意されています。



速達」で送る

通常の郵便物より早く届けてもらえるサービスです。土・日・祝日の配達もしているので、お休みを挟んでしまっても安心。

速達で送る時は、基本の郵便料に速達料金を加算した額の料金を支払います。封筒の右上(横長の場合は右側)に赤い線を引き、あとは通常郵便を送るときと同じで、料金分の切手を貼ってポストに投函するか、郵便窓口で差し出します。

料金に間違いがあると送り戻されてしまう恐れがあるのと、集荷時間を過ぎてしまうと翌日の発送になってしまうので、注意が必要です。

着実に送りたい!という方は、郵便窓口で依頼されることをお勧めいたします。