冬に向けてのタイヤの準備は万全ですか?

こんにちは、東京の運送会社、ハコブ株式会社です!

寒さも少しずつ厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じる頃になりました。

冬は積雪や路面凍結など、交通事故のリスクが高まる時期でもあります。

安全に道路を走行するためにも、ドライバーの方はタイヤチェーンを装着する、あるいはノーマルタイヤをスタッドレスタイヤに交換するなどの対策を行いましょう。


タイヤチェーンの特徴

コストが安く済み、保管場所も取らないため、手軽に所持できるのがタイヤチェーンです。

積雪路や凍結路にタイヤチェーンがくい込むことで高いグリップ力を発揮し、スリップを防ぎます。

雪や氷の無い路面には向いていないため、乾燥したアスファルトの上では外すといったこまめな脱着が必要になります。

雪のない場所を無理に走行をしてしまうと、ホイールに傷がついたり、チェーンが切れて思わぬ事故を引き起こす場合があるので要注意です。


スタッドレスタイヤの特徴

スタッドレスタイヤは、コストはかかりますが、一度装着すれば春頃までそのまま使用できます。

低温でも硬くなりにくいゴムを使って作られており、雪道や凍結路でも滑らず安定します。

チェーンを付けるよりも走行音が静かで振動も少ないので、比較的快適に走行できます。

タイヤ自体が結構場所を取るのと、履き替え作業に手間がかかるので、ある程度の時間的・空間的余裕が必要になります。


オールシーズンタイヤというものもあります

夏冬兼用で使えるオールシーズンタイヤにしてしまうというのも手です。

どんな路面にも対応できるので履き替えの手間がありません。

しかし雪道や凍結路における性能ではスタッドレスタイヤに劣ると言われています。

積雪や路面凍結のリスクが高い地域ではあまり使用しないほうが良いかもしれません。


使用頻度や購入・所持コスト、走行地域など、様々な面を考慮して、自分にあったものを選びましょう。


「この地域は雪もそんなに降らないし、特別対策をする必要はないのでは︖」と思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかし雪が降らなくとも、外気温が低くなると路面凍結が起こり、スリップ事故になる恐れがあります。

積雪の少ない東京で突然大雪が降った例もありますので、もしもの時を考えて備えておくことは決して無駄にはなりません。


また、準備ができていると、予想外の天候になってもパニックにならずに済みます。

焦らず心にゆとり持って走行することは、積雪やスリップ以外の交通事故のリスクを減らすことにも繋がります。

ご自身の安全を守るためにも、しっかりと対策を行いましょう。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事