配送業務にかかっている膨大なコスト…削減する方法は?

こんにちは!東京の運送会社、ハコブ株式会社です!

今日は配送業のアウトソーシングについてのお話です。


自社で配送業務を行なうことは、様々なリスクが伴います。


一番のネックは、車両代、車検代、税金、駐車場代、ガソリン代、そして雇用しているドライバーの人件費などにかかってくる莫大な経費。

また、ドライバーを採用する際にも、求人広告費がかかります。ドライバー不足と言われている今、なかなか人材が集まらず、思いのほか高い求人費がかかってしまった、なんてことも…。

無事採用ができても、交通事故や貨物事故などのリスクや、ドライバーが急病で稼働できなくなるというリスクもあります。

配送に関わることを自社内ですべて対応するとなると、かなりの労力が必要になってきます。

特に物を運ぶのを専門としていない企業様が、配送に関わることで無駄な時間やコストをかけてしまうのは、避けたいところです。


そこでおすすめなのは、配送業務の「アウトソーシング」です。


アウトソーシングとは、業務を外部委託すること。

配送に関するリスクを減らし、コスト面や雇用の面で業務改善を行いたい場合、配送業務を外部委託することで解決できる場合があります。



なぜアウトソーシングなのか?

おすすめできる理由の一つに、「配送にかかる経費が外注費として1本化できる」というのがあります。

面倒な経費計算や支払いに掛かる手間が一気に削減できるため、バックオフィス業務の効率化につながります。さらに、これまで固定費としてかかっていた車両代、車検代、税金、駐車場代、ガソリン代、人件費を流動化することができるので、経費の大幅削減を図れます。


さらに、配送に特化した専門業者が業務を担うことになるため、これまで対応が難しかった専門性の高いサービスにも対応できるようになります。

ドライバー業務を社員が兼任していた場合は、配送業務にかけていた時間を他のコア業務に回すことができるので、社内負担が減るだけでなく、売上アップも見込めます。


ドライバー管理に関する心配事が減るというのも大きなメリットです。

ドライバーの管理も委託先が担うことになりますので、ドライバーが急病で休みを取った際の代わりを手配したり、ドライバーを増員したい際にアルバイトで一時的に補充する…などの手間がなくなります。また、委託ドライバーは運転慣れしているプロのため、交通事故のリスクや貨物事故のリスクも減らすことができます。


配送業務を外注することで、配送に関するコストを抑えつつ、サービスの質の向上や他業務の効率化に繋げることができます。

なお業者によって、受け付けてくれる商品やサービスに差がある場合がございます。配送業務をアウトソーシングする際は、希望に沿った対応をしてくれる業者かどうか、しっかり確認するようにしましょう。



「ハコブ軽貨物便」なら、お客様のご要望に合わせた様々な配送業務に対応可能!

弊社のドライバーが専属でお客様先に常駐し、お客様のご要望に合わせて配送業務を承ります。

コスト削減は当たり前!他社とは一味違う付加価値を、お客様の配送にプラスいたします。


  • 配送業務やドライバーの求人にかかるコストを抑えたい

  • 配送の負担を少しでも減らしたい

  • もっと配送業務を効率よく行いたい

  • 細かい要望にも対応してくれる配送ドライバーがほしい

そんな方にぴったりのサービスです!



ハコブ軽貨物便のポイント
  • 配送にかかる人件費や燃料費等を、ハコブにアウトソーシングいただくことで外注費として一本化。キャッシュフローの改善、配送コスト削減に繋げることができます。

  • 時間制、距離制、個建て制など、お客様のご要望に合わせてご契約いただけます。忙しい時間帯だけ、人員が足りない祝日だけなど、スポットにも対応いたします。

  • 配送だけでなく、集金集荷や、仕分け、陳列などの付帯業務も対応可能です。

  • 配送ドライバーの現在地を可視化できるシステムを導入しています。リアルタイムで配送状況を確認できるので、配送トラブルを防げます。


こんなシーンに便利にお使いいただけます
  • 建築資材、精密機器、医療器具、メール便等の企業間配送

  • 花、水産物、食肉などの配送

  • 食材、生活用品、電化製品などの配送

  • デリバリーや出前対応

  • 衣類の配送

など様々な場面でお使いいただけます。



「ハコブ軽貨物便」で、配送業務に関するあらゆる負担を軽減できます。

まずはお気軽にお問い合わせください!

詳しくはコチラ!

40回の閲覧0件のコメント

最新記事