top of page

引っ越しで失敗しないための部屋の方角の選び方

こんにちは!東京で引っ越し事業を運営しています、ハコブ株式会社です。


引っ越しをするときに、新居の方角を気にされる方は多いのではないでしょうか?

部屋の方角は、日照時間や温度、風通し、眺望など、住み心地に大きく影響します

また、風水や占いなどでは、方角によって運気も変わると言われています。


そこで、この記事では、部屋の方角それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

是非、理想の部屋探しの参考にしてください!




東向きの部屋のメリット・デメリット

東向きの部屋のメリット

東向きの部屋は、朝日が差し込む明るく爽やかな部屋です。

日照時間が長く、午後になると直射日光が当たらないので、室温が上がりにくく夏場でも比較的涼しく過ごせます。また、湿気が少なくカビやダニが発生しにくく、衛生的です。


東向きの部屋のデメリット

東向きの部屋のデメリットは、朝日が眩しすぎることや、冬場は寒くなりやすいことです。眠りが浅い人や、夜型の人には不向きと言えます。

また、午後は日が当たらなくなるので、洗濯物は午前中に干す必要があります。












東向きの部屋はこんな人におすすめ! 

・朝型の人
・日中家にいない人



西向きの部屋のメリット・デメリット

西向きの部屋のメリット

西向きの部屋は、夕日が差し込む暖かく落ち着いた部屋です。日照時間は短いですが、午後は日当たりが良く、明るくなります。また、冬場は暖かく過ごせるので、暖房費を節約することができます。


西向きの部屋のデメリット

西向きの部屋のデメリットは、日中暗くなりやすく、また夏場に暑くなりやすいことです。エアコンや扇風機などで温度調節したり、遮熱性の高いカーテンなどで対策をする必要があります。暑さに弱い人や、日中に活動する人は、不快に感じるかもしれません。



西向きの部屋はこんな人におすすめ!

・夜型の人
・夕日を楽しみたい人
寝る時間が遅めで、朝もゆっくり過ごすという方におすすめです。




南向きの部屋

南向きの部屋のメリット

南向きの部屋は、一日中日が差し込む明るく快適な部屋です。日照時間が長く、温度も適度に保たれます。洗濯物が乾きやすく、日照時間が長いので照明器具や暖房器具などの使用を減らすことができます。


南向きの部屋のデメリット

南向きの部屋のデメリットは、日差しが強いことや、冬場は乾燥しやすいことです。また、一番人気のある方角なので、家賃が高くなる傾向があります。



南向きの部屋はこんな人におすすめ! 

・明るくて快適な部屋で過ごしたい人
・家賃が高くても気にならない人



北向きの部屋

北向きの部屋のメリット

北向きの部屋は、日照時間が短く、夏場は涼しく過ごせます。直射日光が入らないので色あせや退色が少なく、家具や絵画などを飾るのにも適しています。また、他の方角に比べて人気がないので、家賃が低い傾向があります。


北向きの部屋のデメリット

北向きの部屋のデメリットは、日差しが入らないことや、冬場は寒くなりやすいことです。照明や暖房などで明るさや温度を調節する必要があります。また、湿気が多くカビやダニが発生しやすいので、換気に気をつける必要があります。















北向きの部屋はこんな人におすすめ! 

・家で仕事や勉強をする人
・夏場は涼しく過ごしたい人
・家賃をなるべく抑えたい人



コラム:引っ越しの「吉方位」と「凶方位」

方向に関する風水の考えとして「吉方位」と「凶方位」があります。

引っ越しの吉方位と凶方位とは、その年やその人の本命星などによって変わる、引っ越し先の方角が良い作用(吉作用)や悪い作用(凶作用)をもたらすとされるものです。吉方位に引っ越すと縁起が良く、凶方位に引っ越すと縁起が悪いと言われています。


吉方位の調べ方(※準備中)


しかし、引っ越し先を自由に選べない場合や、家族全員にとって吉方位である物件を探すのが難しい場合もあります。そんなときは、凶方位に引っ越した場合の対策や回避方法(方位除け)があります。



方位除け① 方違え(かたたがえ):

引っ越しする前に、一旦吉方位方向に向かってから本来の行き先に向かう方法です。時間があれば、吉方位で一泊してから新居に向かっても良いでしょう。


方位除け② 寝床違え(ねどこたがえ):

引っ越した後に、住まいの中心から見て吉方位の方向に寝床(寝室)を移す方法です。これは風水の考え方によるもので、本命卦(ほんめいか)による吉方位が基準となります。


方位除け③ 神社での方位除け、八方除け:

神社で祈祷やお祓いをしてもらう方法です。その年の凶方位に引っ越しを行う場合は方位除け、本命星から見た全ての方角が凶方位になってしまった場合は八方除けを依頼すると良いでしょう。

もちろん、方位を気にしないというのも一つの選択肢です。引っ越し先が凶方位だとしても、自分の意思を優先した方が開運に繋がるという説もあります。




まとめ

引っ越す際は、自分のライフスタイルとニーズに最も適した部屋の向きを選びましょう。

各方向にはそれぞれ特性があり、朝型の人には東向き、夕方活動の人には西向き、日中活動の人には南向き、そして直射日光を避け涼しく過ごしたい人には北向きがおすすめです。さらに、風水の考え方を取り入れることで、運気を最大化することも考えられます。

また、隣接する建物の高さや距離などでも日光の入り具合が変わってくる場合があります。内見の際にしっかりとチェックし、自分にぴったりの生活空間を見つけましょう!



首都圏の引っ越しなら『ハコブ引っ越しサービス』にお任せください!

「ハコブ引っ越しサービス」は、都内の引っ越しを得意としている引っ越しサービスです。

首都圏に複数の事務所を構えているため、首都圏内でお引っ越しされるお客様は、特にお得にご利用いただけます!


引越業者比較サイトの総合満足度では、5点満点中平均4.5点超えの上位をキープ!

「少しでも安く引っ越ししたい!」というお客様に、「コスパ最高」の引っ越しを提供いたします。


「他の引っ越し業者の見積もりより、安くならないか?」そんなご相談も大歓迎です。

お気軽にお問い合わせください!


↓こちらのWEBサイトから簡単・無料見積もり






閲覧数:283回0件のコメント

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.

最新記事